ぴーすけとジャニ。

妄想?…いやいや想像力が豊かなんです。

ジャニーズWESTメンバーで映画を撮るなら。

前にのんちゃんがプロデュースしてやってたから、私もやる。(暇かよ)

ついでにポスターっぽいのも作りました。(輪をかけて暇かよ)

毎度ながら長いので、さっそくいきましょう。

**************

桐山照史×シェフ
f:id:pipipi5:20170921140835j:image

 《story》

街の片隅にひっそりと佇むレストラン「Pettitoes peace」"帰るときは笑顔に"をモットーに毎日料理を提供している。ある日、問題を抱える一人の男が来店する。問題を解決しないと会いにいけない人がいるようで…果たして「Pettitoes peace」のメンバーはその問題を無事に解決できるのか!?

 

照史くんはシェフをやってほしい。料理を食べて幸せそうなお客さんを見て微笑む照史くんも、真剣に料理を作っている照史くんも見たい。居酒屋でもよかったんだけどね。むしろそっち顔なんだけど。ちなみに店名の「Pettitoes peace」は「豚足ピース」って意味です。(豚足は食用)

 

濱田崇裕×復讐劇
f:id:pipipi5:20170919233035j:image

≪story≫

完全犯罪で多くの人を絶望にじりじりと落とす。目的はただ一つ、復讐のため”ヤツ”を殺すこと。復讐は果たされるのか。彼の過去になにがあったのか。すべてが終わるとき彼の本当の目的が明らかに…。

 

濱ちゃんにはどーしても悪い役をやってほしい。でもリア恋枠の濱ちゃんも見たいから過去の映像は優しい濱ちゃんにする(欲張り)サイコパス濱ちゃんもよかったんだけどね。心優しい濱ちゃんを捨てきれなかった。くそぅ。

 

神山智洋×詐欺師
f:id:pipipi5:20170920182902j:image

≪story≫

「人をだますのって楽しい…!」小さい頃からいたずらが大好きだった小林要(神山智洋)は詐欺屋を開店。詐欺屋には様々な理由を抱えた人が現れる。借金、復讐、楽してお金を稼ぎたい。しかし、だまして人を困らせたいだけなのに、毎回詐欺で誰かを救ってしまう。「そんなつもりじゃないのに…」今日はどんな依頼が舞い込んでくるのか。ドタバタなコメディー映画!

 

悪いことしたくても平和になっちゃう神ちゃん、かわいくないですか。変装もいっぱいしてもらいたいし、コメディー要素を存分に取り入れましょう。ストーカー神山も悩んだんだけど、それは別の機会に。

 

中間淳太×遠距離恋愛

f:id:pipipi5:20170920202406j:image

 《story》

30歳、職業は写真家。5年付き合っている彼女とはお互い夢を追って遠距離恋愛中。そろそろ結婚適齢期…仕事だってこれからだし、彼女だって大切だ。夢か愛か、それとも――人生の選択を迫られた彼が取った行動は。

 

淳太くんにはリアルにありそうな話を。これは見たら惚れるやつ、一気にリア恋枠昇進かーって考えながら思ってた。絶対いいよね。悩むシーンも楽しそうに笑うシーンも、真剣に仕事するシーンもあるけど、おすすめはお酒飲むシーン。

 

重岡大毅×陸上部マネージャー
f:id:pipipi5:20170922122327j:image

≪story≫

大学2年の9月、怪我ばかりで結果の出ない主人公・加藤勝(重岡大毅)は監督の誘いでマネージャーへの転身する。チームの力になりたい一方で、選手としての夢を捨てきれてない加藤の葛藤、部員との人間関係、すべてを越えたとき奇跡が起きる…。

 

シゲは普通の男の子ってイメージしか湧かなかったから、違うイメージの役にしたい!と思ってたけど、結局普通の男の子。野球部か迷ったんだけど、前に育ジャニで大阪マラソンのとき、濱ちゃんに「かっこ悪くてもええから!いけ!!!」って叫んでた姿がかっこよすぎて陸上部に決定。(そのとき隣で流星が「無理せんでええよ」って優しくいってたのもポイント高だから見て)

 

藤井流星&小瀧望×探偵
f:id:pipipi5:20170919111821j:image

≪story≫

細い路地に入ったところにこじんまりとある「CAFE DETECTIVE」は普通のカフェだが、そこで働くのは巷で話題となっているイケメン二人組の探偵。度々持ち込まれる事件や不可解な謎を彼らは解くことができるのか。

 

ツインには探偵を。あの顔面を武器に少しの問題は解決できちゃう。監視カメラとかおばちゃん店長ならすぐ見せてくれるよ。ちょっとクセのあるボケとツッコミも見所。店名のDETECTIVEは探偵って意味だから隠れてないんだけどね(笑)

**************

…よし、おわり。1800文字にしてはすごいボリューム。作ってるのは楽しかったけど。

ちなみに曲モチーフで作るなら、それぞれの狂愛三部作も見てみたいし、それぞれの100%I Love Youも見たいから、それで映画撮ってほしい。お願いします。懇願。

っていうかもう詐欺師でもシェフでもなんでもいいから映画撮ろう。いや、ライブやろう。(←結局それ)

NEWS 14th Anniversary

7月15日

我らがNEWSのお誕生日~~~!!!!(遅刻)

f:id:pipipi5:20170917081619j:image

生まれたこと 出会えたこと 今そばにいれることありがとぉぉおぉ!!!!1年に1度の特別な日!!!!嵐兄さんの記念日ともあって国民の幸福度は急激に増加したってさ!!!!(自社比)

 さて、個性的なメンバーがいるNEWSなので、果てしなく深く重い個人への想いもあるのですが、今回はNEWSというグループについての想いを綴ります。それだけです。

 

まず、メンバー内の愛が沼。

いろいろあったNEWSですが、今のメンバー愛は外から見ても分かるほど、愛に溢れてます。
f:id:pipipi5:20170916154133j:image気がつけばくっついてるし、
f:id:pipipi5:20170916154227j:image気がつけば手繋いでるし、
f:id:pipipi5:20170916154701j:image気がつけばイチャイチャしてるし………
f:id:pipipi5:20170916155625j:image 末っ子に甘いお兄ちゃんたちもいとおしすぎる。NEWSってさ、メンバーに触れてないと死んじゃう病なのかな。常に触れてる。

メンバーの出てる番組みると感想送ったり、小山さんに至ってはシゲにシゲが出てるーって写メ送ったりする。というか小山さんの愛の深さは特に深くて、お酒飲みながらメンバーのこと話すと泣くし(シゲももらい泣き)、メンバーにキスねだるし、イタズラも嬉しそうだから末期。イタズラを企んでる3人も楽しそうだからwin-winだよね(?)

 

そして、シンメ(コヤシゲ、テゴマス)なんて無意識に同じ動きしてるんですよ。

f:id:pipipi5:20170917003521j:image
f:id:pipipi5:20170917003535j:image
ほらね。これだからシンメは……。もう好きしか出てこない。好きすぎてキレそう。なんなの、ほんとに。

 

次に、楽曲。

986日々を乗り越え、4合わせを掴んだ今のNEWSには今のNEWSにしかない絆があります。個々の活動もNEWSに武器を持たせるため。NEWSに還元できてるから本当にすごいと思う。それにそんな姿を見てきたから、NEWSの応援歌にはたくさんの気持ちが入ってるように感じる。「俺たちも頑張るから、君も頑張れ。ボロボロになっても走り続けろ。」と背中を押してくれるような。(私が勝手に思ってるだけですが)NEWSはどちらかというといくぞ!とグイグイ引っ張ってくれるのではなく、一緒に行こう。と後ろから背中を押してくれるような優しい応援歌が多いかなと思っています。
f:id:pipipi5:20170917084303j:image

応援歌以外だとぶっ飛んでる曲も多いし、
ひと夏の恋もやたらとしてるし、恋は実りにくいし、かと思えば全力で撃ち抜いてくるし、感情が忙しい。でも、そんな素敵な曲と共にいろんな世界に連れてってくれるんです!!!9人・8人・6人時代の曲だって、4人からの曲だって、大好き!!!!

 

そして、ファンの温かさ

 「いつまでも俺たちの自慢のファンでいてね♪」という手越さんのお言葉のもと、自慢されるファンを目指して頑張っていますが(笑)NEWSファンは本当にお行儀がよく、優しく、なににせよ全力。大好きです。ライブに行ってもNEWSを見てればどんなことがあっても幸せ!!と思っていましたが、その素敵な空間を作っているのはNEWSだけじゃなく、ファンのみなさんのおかげもあるのだと思いました。NEWSの記念日をお祝いしながら、ファンのみなさんにも心から感謝したいと思います。どれだけNEWSが大きくなっても、NEWSが変わらないように、私たちファンも変わらない自慢されるファンでありたいですね。

 

伝えたいことはたくさんあるけど、もろもろ含めて、

NEWSのファンになれて幸せ!!!

以上!!!!

 

ジャニーズWESTが先輩の会社に勤めたい。

上司ってなぜあんなにいい人と使えない人とで分かれるんでしょうね。……そういうときの妄想です!!

いつもは同期のかみしげにも、後輩ののんちゃんにも、今回は上司になってもらいましょう☆ジャニーズWESTが先輩・上司だったら!!どうぞ!!!

 

重岡大毅

 同じ部署の2つ上の先輩。私の教育係。ある日、私がミスをして残業決定。周りの人はどんどん帰っていく。すると、重岡さんに声をかけられた。「もーなにやっとんねん。ほれ、手伝ってやるから。」申し訳ないけど手伝ってもらい、重岡さんのおかげでなんとか終わった。「貸し1やからな。」って駅で別れた。

後日、重岡さんから『貸し返して。今日、仕事終わり空けとけ。19時にロビー集合。さっさと仕事終わらせろよ。』っていうメールが送られてきたから、とりあえず、さっさと仕事を終わらせた。重岡さんと合流し、連れてこられた先はバッティングセンター。「先輩のかっこいい姿見とけよ~笑」って意気揚々にバットを振っているし、上手いから本当にかっこいい。「いやー、やっぱりええな!」ってご満悦の笑顔で出てきた。「はい、次打てや。」できない!と拒否する私を無理やりバッターボックスに立たせ、結局やることに。「もう少し体開いて。肘あげて。」と事細かにアドバイスをくれる。全然当たらなかったが、最後の最後にカキーンと高い音が鳴り響き、ボールは遠くへ飛んでった。「「やったー!!!」」と、私は重岡さんとネット越しで喜んだ。一汗かいたら、「じゃ、チャッと飯食って帰るか~」

って本当にラーメンでチャッとご飯を食べた。私が急いで食べてると、食べ終わってコップの氷を回しながら暇潰ししてる重岡さんが

「…今日楽しかったか?」

ってノールックで聞いてきたから

「はい!楽しかったです!」って答えると

「そか。そら、よかったわ。」

って平然を装ってるけど、耳を赤くして言う。ラーメン屋を出て駅まで送ってもらって「じゃ、また」って私が見えなくなるまで見送ってくれるから、憎めないかっこいい先輩よね。

 

しげはミスしたら怒るけど、なんだかんだ手伝ってくれるよね。で、後輩にも普通に貸しを作る。あと、メールは箇条書きみたいに必要最低限しか書かなそう。ちなみにこれは落ち込んでる好きな後輩を元気づけたい不器用な男・重岡なんだけど、女の子に会う前と分かれた後に神ちゃんに連絡してるの。今日の流れを説明して、神ちゃんから『初デートでラーメン屋行ったん?ないわ。』ってバッサリ切られて焦る重岡。しげには女の子に不器用であってほしい願望。

 

中間淳太

営業1課(外資系)の先輩。新人研修のときに私を担当してくれた。部署は違ったけど、ちょくちょく気にしてくれてる。今度、中間さんのお誕生日らしいので(←都合の良い設定)プレゼントを用意しようか…と検討中。セレブと噂だからなにあげたらいいか悩んだ末にちょっと高めなハチミツに決定。お昼ついでに渡しにいこーと思ってお弁当片手にランチ中の中間さんの元へ。中間さんは意外とコンビニ弁当。

「中間さん、お誕生日おめでとうございます。いつもお世話になってるので、少しですが…」

「えーホンマに!?ありがとう!!もうこの年になると祝ってくれる人がおらんくなってきてな…笑」

喜んでくれてホッとしてると「でもなぁ、欲を言うと…そっちのほうがええなぁ」と指を指す先は私のお弁当。

「え?」

「うそうそ!ごめんな、おっちゃんが気持ち悪いな、セクハラで訴えんといてや!笑」

「もしよかったら、明日作ってきましょうか?」

「えっ!!?ええの?」

子どもみたいに喜んでる中間さんかわいい。

「早く明日のお昼にならんかなぁ!」

 

中間さんにお弁当作ってあげるなんて、プレッシャーでしかないよね。でも、中間さんと付き合ってるの?って噂されたい。私がメルヘンおじさん好きなので、どうしても子どものような淳太くんにしたかった。あと、淳太くんは自分がおじさんという呪縛にとらわれてそう。キラキラ王子様だってちゃんと自覚して。

 

小瀧望

営業1課の1つ上の先輩。あのルックスだから女性には大人気。お近づきになれることはないので、朝の挨拶に全力を尽くす。

「おはようございます!」

「おはようございます。」

社内の知らない女に挨拶されるのは慣れっこな小瀧さん。いつも爽やかに返してくれる。残業で遅くなった日、偶然エレベーターで小瀧さんと遭遇。しかも二人っきり。

「おつかれさまです。」と挨拶してから沈黙が続く。まさかの事態に混乱して頭が真っ白。すると、「あのー、お名前伺っていいですか?」と声をかけられた。

「あ、企画部の○○○○です。」

「俺より後輩…だよね?」

「はい!」

「いやー、いつも元気に挨拶してくれるなーと思ってて(笑)」

「あ、、すいません…鬱陶しくて…笑」

「違う違う!俺も○○ちゃんに挨拶してもらうと仕事頑張れるで。」

慣れてらっしゃる…社交辞令だとしても嬉しい……。後日、挨拶がてらに話すことも増えて、偶然ランチのときに会ったら一緒に食べたりして、時間をかけて仲良くなった。

「なあ、そろそろ連絡先聞いてもええ?笑」

「あ、はい!ご飯いきましょう!お肉食べたいです!」

「グイグイくるなあ(笑)ええで!いこ!」

 

のんちゃん先輩設定やりずらい。のんちゃんって連絡先聞くのもすごい時間がかかりそう。そこまで仲良くなったらその後は早そうだけど。声かけるまでも流星とかにウダウダ「なー、いつも元気に挨拶してくれる子がおるんやけど、声かけてええかなぁ…なあ~」って相談してる。社交的な流星には「はよ声かけろや!笑」ってキレぎみに言われてそう。

 

藤井流星

広報課の2つ上の先輩。藤井さんもあのルックスなので女性に大人気。しかも藤井さんは社交的でみんなと仲良し。こりゃ、モテますね。と思っていたが、みんな友達って感じだから彼女候補になるのは至難の技らしい。重岡さんと神山さんと同期で仲が良いそうで、ちょくちょく私の部署に遊びにくる。だから私ものことも認識してくれてる。仕事が終わりにいつもは通り私の部署に来た。「あ、藤井さん!お疲れ様です。」「おー、○○ちゃんやー。おつかれー。あ、今日○○ちゃんも来る?これから3人で飲むんやけど。」「お邪魔しちゃっていいんですか?」「ええよな?」ってことで、みんなとご飯に。先輩たちの入社当時の話を聞いたりして楽しい時間を過ごした。ご飯が終わり外に出ると「じゃあ、また明日。」「ごちそうさまでした!」ってみんな颯爽と帰っていく。奢ってもらったからお礼のメールをすると、藤井さんからはしばらーくして『いいえー』って素っ気ない返信がくるんだけど、次の瞬間『また誘ってもええかな?次はあのうるさいふたり抜きで。』ってくるから、既読ついちゃってるし、ベッドで跳び跳ねながら返信せざる得ない!!!

 

先輩になってもぽわぽわな流星は後輩女の子のことは「名字+ちゃん」で呼ぶ気がする。あと、メールの返信は遅いけど、写真は多そう。「これみてー」ってしょうもない写真送ってきそう。流星は好きな子できたら肉食って信じてるから、お誘いとか躊躇しなそう。ってか何も考えてないだけかな。(←ひどい)

 

神山智洋

同じ部署の2つ上の先輩。隣の席だから、いろいろとお世話になってる。残業で残っていると「はい。あんまり無理するなよ。」ってコーヒー入れてくれて、その上手伝ってくれるし、怒られたら一番に励まして、アドバイスしてくれるし、ちゃんと注意もしてくれる。ある日、残業していると「終わった?ご飯行かへん?」って誘われ、二人ともお酒が飲めないのでレストランへ。

「神山さんってヒーローみたいですよね」

「へっ!?」

「私がピンチのとき、いつも助けてくれるんで。」

「うーん、そうかなあ…」

って会話をして、ご飯食べると「駅まで送るで」って送ってもらう。

「あんな、俺がヒーローみたいって言ってたやろ?ヒーローかは分からないけど、心配なんよ。放っておけん。」

「え?」

「お前は真面目で頑張り屋だけど、たまにヘマするし」

「ごめんなさい…」

「ま、そこがかわええんやけどな(笑)あんまり頑張りすぎんな。お前の努力は俺がちゃんと見てるから。」

ってときめくこと言っておいて、駅に着いたら「家着いたら一応連絡して」ってサラッと別れる。お互い見えなくなったところで「「うあーーーーっ!!!」」って頭抱えるやつ。

 

先輩になったらオカンな神ちゃんが大活躍しそう。頼りになる先輩になるはず!!教育係のしげに強めに怒られたらときも隣から「しげ、悪気があってあんな言い方してるんじゃないから!あれでも心配してるんやで」って励ましてくれるはず。あー神山さんに思いっきり甘えたい!!!!

 

桐山照史

桐山さんとは帰る方向が一緒で「1杯だけ付き合って!」ってたまに飲むくらいの仲。社交的でいつも輪の中心にいるような人なので、隠れファンが意外といるが、そのことに本人は気付いていない。ある日、私が山積みの荷物を持って、廊下を歩いていると曲がり角で上司とぶつかってしまった。「申し訳ございません!!」謝るが上司はそもそも注意力が足りない!とか関係のないところまでグチグチと怒っている。困り果てていると「すいません。俺の部下が…私からしっかりと言っておきますので。失礼します!」と手を引っ張られ連れて行かれた。手を引いているのは同じ部署の5つ上の先輩の桐山さん。「ああいうのはな、相手にしちゃいけん。とりあえず謝る。これが桐山先輩の処世術や(笑)」と笑いながら手を引かれてデスクに戻される。ある日、仕事が終わりかえる準備をしていると桐山先輩がやってきて、「今度の日曜、暇?付き合ってほしいところがあるんやけど。」って誘われる。もちろん行きます。駅前で待ってたら車で現れて、行き先も分からないまま連れてかれる。着いた先は海。「最近元気ないからさ…家でゆっくりしたかったかもしれんけど、連れ出してしまったわ。笑」って照れ笑いしながら言われる。海眺めてる桐山先輩の横顔に見とれてしまう初秋の夕暮れ。

 

照史くんは上司とすぐに仲良くなれるタイプ。上司とのトラブルになったときに助けてほしい。あと、常に笑顔なの。あの笑顔があったらどんなことも頑張れるよな~~~。今後の予定ではもう少し仲良くなったら初デートの海で告白されるか、居酒屋で恋愛相談されて儚く散るか……非常に悩みどころですね。

 

濱田崇裕

 広報部の5つ上の先輩。ある日、コピー機の前でソワソワしてる人が。その人が濱田さんだった。「大丈夫ですか?」「あ、コピー機が動かんくって!俺こういうの分からなくって…」「あーインク切れですね(笑)もらってきます。」無事コピーができると「ほんまありがとう!これからプレゼンやねん!」「そうなんですか!あ、じゃあこれあげます。頑張ってください!」ってあめちゃんをあげるとすっごい優しい笑顔で笑ってくれた。後日、廊下で会うと「あ!あめちゃんの子!」って近づいてきて「あの後めっちゃ緊張してんけど、あめちゃん食べたら頑張れたわ!」って声をかけられて以来、廊下で会うたびに話すようになる。そこを桐山さんに見られて「濱ちゃんがこんなに女の子と話してるのは珍しいな~」っていう情報に期待したい。

 

緊張しい濱ちゃんを励ましたい。その数日後に広報部の女の子と話してるところを見てしまって落ち込みたい。で、彼女とかなんですか?って聞くと「ちゃうちゃう!仕事以外のこと話してるの○○ちゃんだけやで!」って特別扱いしてほしい。

 

今回もすごーーーくなげぇ!!!えげつない。こんな会社あったらなにがなんでも入るけどね。就活とか死ぬ気でやってたわ。

今回だけに限らないけど、ジャニーズWESTのメンバーがみんな好きでいてくれてる設定なのが何様って感じよね。ま、妄想ですからね。

さて、また明日もこんな先輩がいない、なんのトキメキもない場所にいないといけないのですね。さーて、顔晴りますかねぇ!!!!

 

 

 

自担の魅力をまとめる。

慶ちゃん10月クール連ドラ出演決定!!(モデル慶ちゃん楽しみすぎる☆)神ちゃん、特別ドラマ出演決定!!それを記念して、自坦の魅力を綴らせて!!!!

前置きもおもしろいこと書ける気がしないので、さっそくやりますよ!

 

小山慶一郎/NEWS》

まずは外見のポイントから!

Face編
f:id:pipipi5:20170829165526j:image

Body編
f:id:pipipi5:20170826090606j:image

続いて、内面のポイント。

『平日キャスター、週末アイドル』で有名な小山慶一郎くん。NEWSとファンの頼れるリーダーですが、天然っぷりもピカイチ。

  • アイスティーにガムシロを入れようとして、紙袋にガムシロを入れちゃった
  • ペットボトルのふたが閉まってるのに、そのまま飲もうとした
  • ドレッシングの蓋を閉めずに振ってしまった

…と天然伝説は数知れず。

そんなかわいい(←え)一面をもつ慶ちゃんですが、深く重いメンバー愛をもつことでも有名。メンバー好きすぎて、誕生日公演のときはメンバーにチューを求めたことも。*1
f:id:pipipi5:20170829164105j:image
誕生日に3人がブレスレットをプレゼントしてくれたときも、すごい喜んでずっと着けてた。 お酒+NEWSの話は小山の重い愛ゆえ、確実に泣く。そんな慶ちゃんにもらい泣きする加藤さんも一緒に見ていただきたい。
f:id:pipipi5:20170829164416j:image

 

チャラ慶だった時代を経て、今や夕方の顔となった慶ちゃん。
f:id:pipipi5:20170829164719j:image
慶ちゃんのキャスター人生は、NEWSを続けていく上で武器みたいなものが欲しいという願いから始まりました。改めて、慶ちゃんの中心にはNEWSがいるんだなぁ。アナウンサースクールにも通い、毎日のようにニュースを読み、今の日本と向き合うことは相当な努力を費やしてると思います。頑張り屋さんなのです。24HTVのときも書いたけど、慶ちゃんは伝える人なんだと思います。ファンに愛を。国民に過去を、そして今を。

 

先頭で引っ張っていくのではなく、後ろからメンバーやファンを見守ってくれる派のリーダー。それはメンバーやファンを愛し、信じてるからできること。愛に溢れた人、それが小山慶一郎です。

 

 

神山智洋/ジャニーズWEST

まずは外見ポイント!

Face編
f:id:pipipi5:20170826090616j:image

Body編
f:id:pipipi5:20170826090624j:image

次に内面ポイント!
奇抜チビ。オシャレグリーンタイガーこと神山智洋くん。

神ちゃんは照史くんも認める*2ジャニーズWESTイチのエンターテイナー。モノマネ、ギター、メンタリズム、催眠術、マジック、小型操縦免許取得。そして、圧倒的な歌唱力とキレキレのダンス!*3さらに、みんなのオカンだから、家事もできちゃう。なんでもこなす器用な男!!!出来杉くんみたいで結婚できなそう(←黙)それでもなお、自分を高めようと努力する姿に敬意を表す。アーメン。

そしてもう一つ特筆しておきたいのが、神山の男気。それを経て生まれた神山語録。

  • 箱の中身はなんだろなでは、バラエティー関係なく、がっと手を突っ込んでしまう謎の男気
  • 神ちゃんが奢るときの決め台詞。「こいつ頑固やから」「メンバーやろ」
  • ステージ上で足を叩きつけて「ここに立ってっから!!」

からのどや顔ね。これ大事。彼、どや顔王だから。私はこの空回りぎみの男気が大好きです!!!きっとメンバーも神山語録大好き!!!

あとね、めっちゃ優しいの。めっちゃいい子なの。ええじゃないかの横アリでのファンイベントで、『一生ジャニーズWEST続けてこうな!』という話題から淳太くんが1番に死ぬな、という話になっていたとき、みんな笑って話してましたが、我らの神山智洋は「縁起でもない!」「アカンよ、笑ったら!」と止めに入っていたのです。
f:id:pipipi5:20170829162809j:image
『仲間ん家物語』でも濱ちゃんが転けて足をぶつけたときも「痛いな、痛いなぁ」と心配していたり、
f:id:pipipi5:20170829162827j:image
エージェントWESTでしげの大車輪挑戦の回のとき、ワイプで痛そうと顔を歪めていたのは、なにを隠そう、神山です。
f:id:pipipi5:20170829162842j:image
神ちゃんがいつも「ジャニーズWESTは虹だから、だれも抜けたらあかん(ニュアンス)」って言ってるのもジャニーズWESTが大好きだからなんですよね。愛しか感じないし、そんな神ちゃんがいとおしい。

ストイックで、仲間思いで、たまにトンチンカンな男。神山智洋でした。

 

 

…伝わったかな。私の思う、自担の魅力でした。私もたくさんの魅力のある人になりたいなぁ。

いろんな人の『私の思う自担の魅力』も聞いてみたいので、教えてください☆

 

 

*1:テゴシゲはしてくれたけど、まっすーはしてくれなくて結局慶ちゃんからチューしてた。by四奏魂メイキング

*2:24魂桐山ラスト挨拶参照

*3:パリピポでのSCARSでは会場が沸いたほど。

小山担がみる、24時間テレビ。

24時間テレビお疲れ様でした!!!

翔くん、亀ちゃん、慶ちゃん、さとみちゃん、そして、ファンのみなさんも!!!

そしてそして、マラソンランナーのブルゾンちえみさん、本当にお疲れ様でした!!
f:id:pipipi5:20170827212838j:image 

開始早々に泣いてた徳光さんを小バカにしてましたが、その30分後には私も泣いてました←

小山さんを中心に、ざっとまとめました。あるのは勢いだけ!!れっつごー。

 

始まりは3人で『サライ
f:id:pipipi5:20170827213416j:image

いよいよだ~ってなぜか私が緊張してた(笑)すぐにシゲちゃん登場してくれて、慶ちゃんもよかったね。ダーツの旅で「まっすーが好き」っていうのを聞いたコヤシゲがこちら。
f:id:pipipi5:20170827214148j:image
f:id:pipipi5:20170827213757j:image

はい。かわいい。


f:id:pipipi5:20170827215625j:image

ギネス記録の企画では、この並びが私の中で話題に。翔くんの顔といい、肩に手を置く亀とコヤシゲが可愛くてしょうがなかった。成功おめでとう。

 

ドラマ後の『嵐にしやがれ
f:id:pipipi5:20170827214527j:image

稲妻の小山。


f:id:pipipi5:20170827214555j:image

アナウンサー対決は…小山さんは残念でした(笑)後ろにいる翔くんのやっちゃったな感が滲み出てる(笑)
f:id:pipipi5:20170827214609j:image

「木原さーん、そらじろー」って、慶ちゃんナイス!何にでも使えるのね。みんな笑ってくれてよかったね(笑)


f:id:pipipi5:20170827215324j:image

そして、満を持してレジェンド・増田貴久登場!
f:id:pipipi5:20170827215431j:image

これが
f:id:pipipi5:20170827215456j:image

これに(笑)

結果は3位。どんな顔でもまっすーはかわいいよ!!!まっすーおつかれ様☆ 


f:id:pipipi5:20170827215601j:image

そして、This is MJ

全体的にチャラい(笑)
f:id:pipipi5:20170827215847j:image

我らの小山、結果はこの通り。
f:id:pipipi5:20170827215931j:image

扉、大破(笑)

「助けに行くよ」ってイケメンだったのに…でも、そのあとの照れ笑いを含め、改めて小山慶一郎ってこういう人だった…って思ったよね。好きです100点。


f:id:pipipi5:20170827220128j:image

「すげーダサかったよ(笑)」の増田さんも100点でした。扉大破したとき立って笑ってた増田さんに愛を感じた。
f:id:pipipi5:20170827220242j:image

 

最後の最後に大好きな翔くんに振ってもらってご満悦の増田さん。さすが強火翔担。
f:id:pipipi5:20170827220314j:image

結論、コヤマス尊い

 

はい、2日目。

慶ちゃんの告白お手伝いコーナー後に『U R not alone』

いつ聞いてもいい曲。全身で歌ってる姿は本当に泣ける。
f:id:pipipi5:20170827233435j:image

 

ファッションショーのコーナーで、亀ちゃんに手を振る小山さん。亀ちゃんもイケメンだったー!!梅沢さんもダンディーで素敵だった!
f:id:pipipi5:20170827233649j:image

だいすけお兄さんが歌ってる間に小山さん、徳光さん、渡部さんが1番大切なものを発表。ファンは感動の嵐が吹き荒れましたよね。リーダー大好きだ。
f:id:pipipi5:20170827233813j:image

 

女芸人と聴覚障害のある小学生のマリンバ演奏。放送では少ししか映ってなかったけど、相当な努力をしたんだろうなって思いました。その感想を聞くことに抜擢された小山さん。今年も手話が活かせてよかったね。
f:id:pipipi5:20170827234026j:image

 水卜ちゃんが言ってたけど、声で伝わらないなら何で伝えればいいんだろう。っていう疑問に慶ちゃんは手話を選んだんだろうなって思った。草なぎくんの影響*1で大学の学科も決めた*2ってこともそうだし、いろんな人とコミュニケーションが取れる人になりたいんだと勝手に想像した。慶ちゃんは伝える仕事に向いてるというか、そういう役割になる人なんだと思った。

 

そして、メインの3人から『「伝える」とは』メッセージ。キャスターをやってるからこそ、こだわる伝えるということ。熱いぜ、3人。『One Love』のあとに手をガシッと繋いだときの笑顔に涙。
f:id:pipipi5:20170827234247j:image

 

そして、ブルゾンちえみちゃんのゴール・フィナーレ。
f:id:pipipi5:20170827234704j:image

泣いて、笑って、忙しかった(笑)ブルゾンちえみも、ブリリアンも好きだわ~。ブルゾンの話が他人事とは思えなくて、私も諦めずに頑張ろうって思いました。本当にお疲れ様!

 

f:id:pipipi5:20170828000725j:image

そして、さとみちゃんもお疲れ様です!24時間かわいかった!

f:id:pipipi5:20170827234902j:image

そしてそして、翔くん、亀ちゃん、慶ちゃんもお疲れ様です!

 

たくさんの感動と勇気を伝えてくれて、ありがとう!!!

ここからは余談ですが、

 私は現在、大学で障害者スポーツについて研究をしています。私はこれまで障害について学んできて、障がいを理解することはほぼ不可能だと感じました。でも、理解しようとすることが大切なのだと思います。健常者同士でも理解できないことが多いのですから、理解できない理由は障害だけではないはずです。まずはお互いのことを知るところから始めましょう。24時間テレビはその人の人生全てを放送していません。私はその人を、その障害を、知るきっかけになる番組だと思います。賛同したり批判するのは全てを知ってからするべきです。 

…っと最後は真面目に語ってしまいました。

 

とにかく、24時間テレビお疲れ様でした!!

夏の終わりを感じながら、さようなら☆

 

 

*1:草なぎくんの韓国の仕事で、草なぎくんが現地の人とコミュニケーションを取っている姿を見て、感動したらしい。

*2:卒論のテーマが韓国だったはず。

TRIP of NEVERLAND④

列車が発車して、ここで起こったことを思い出していた。そして考えていた、私の未来について。突然、外から〈シャラララン〉と音がした。外を見るとそこには無数の流れ星が飛び交っていた。圧巻の光景だった。どれだけ眺めていただろう。しばらくするとKoyamaに声をかけられた。

「NEVERLANDでの旅もそろそろ終わりですが…」

「はい。私、ここに来た理由がわかった気がします。そしてkatoさん、私の本当の願いもわかりました。」

「それは良かった。」

katoが微笑んだ。

「それではしばし星空の旅をお楽しみください」

4人が去っていった後、しばらく流れ星を見ていた。するといつの間にか眠りに落ちてしまった…。

 

気が付くと、あの歯車の部屋に寝そべっていた。そして、目の前にはあの男…Mr.Imposibleが立っていた。

「NEVERLANDの旅、最後まで楽しんでいただけましたか?今回の旅はとりあえずここで終わり。でも旅は続いていきます。そうそう、次回の鍵はどこかですよね。それは…NEWSのことを忘れないあなたの心です。大切に持っておいてください。NEWSのみんなもそれを望んでいます。」

忘れない。忘れられるわけがない。あんなに不思議なことだらけで、刺激的で、あんなにも楽しかった旅だったんだから。

「では、また会う日まで。ごきげんよう。」

Mr.Impossibleがお辞儀をした瞬間、まばゆい光が放たれ、気が付くと”いつもの通学路”に立っていた。そこには”いつもの”風景があり、”いつもの”風があり、”いつもの”匂いがあった。そして、あの路地からは音は聞こえない。”いつもの”路地だった。でも、私は魔法にかかったように気持ちが楽になっていた。いや、むしろやる気に満ち溢れていた。私ならできるはずだと。

 

*******

 

私はあどけない希望を胸に夢を追っていた。挫折しかけたとき、このNEVERLANDにたどり着いた。そこでは摩訶不思議な旅をした。しかし、その旅そのものが私がNEVERLANDに来た答えだった。

なにを信じればいいのか分からなくなって自問自答しては光と影の間で苦しんでいた。NEVERLANDはその答えを教えてくれた。信じていれば叶うと信じている強さを。願いは光であり、希望だと。そして、楽しむことが成功への近道だと。あの黒い炎のような闘志を消してはいけないと。奇跡だろうが信じていたい。きっとこの夢は、NEVERLANDで見たような、きらびやかな光になるはずだから。

 

*******

あれからどれだけ月日が経っただろう。ある日、友達に半ば強制的に特番の歌番組の観覧に連れてこられた。私は洋楽しか聞かないから邦楽はさっぱり分からない。周りの合わせて手拍子をしながら、知らない曲を聞くのは退屈でしょうがなかった。しかし、ここで衝撃的な出来事が起こった。聞いたことのある名前が紹介されたのだ。

「次のアーティストは…NEWS!!」

「…NEWS!?」

まさかと思ったが、私の知ってるNEWSが登場した。

「NEWS好きだったの?」

と友達に聞かれたが、聞こえないふりをした。それどころじゃなかった。また会えた嬉しさと『彼らは何者なんだろう。』と疑問ばかりが頭に浮かんだ。

「では、よろしくお願いします。」

数分のトークが終わり、NEWSは歌のスタンバイに向かった。

「それでは歌っていただきます。NEWSでU R not alone」

曲が始まる前にKoyama…いや、小山くんが話し始めた。

 

「夢を追いかけるすべての人に届くように歌います。あなたは一人じゃない。一緒に頑張りましょう。」

 

それは素晴らしい曲だった。あの旅が鮮明に思い出された。そんなことないはずだけど、この曲はNEWSからのプレゼントだと思った。あまりにも私と重なる部分が多すぎて。

 

私の戻れない旅はまだまだ続いている。でもいつでもNEVERLANDに行ける。みんなが一緒なら頑張れる。

歌い終えたとき、会場は星空のように青白い光で輝いていた。あのNEVERLANDのように。
f:id:pipipi5:20170816190657j:image

…fin.

TRIP of NEVERLAND③

列車に揺られる旅にも慣れてきた。

「さあ、降りて。着きましたよ。」

とmasudaが声をかけてきた。そこは現代のネオン街のようにきらびやかな場所だった。「ここはWestゲート。主なエレメントは音だよ。ダンスも上手だったし、音好きでしょ?」

ここの案内担当はmasudaのようだ。楽しそうに鼻歌を歌うmasudaを見ているだけで癒される。

「目的地はここ。」

と言って案内された場所は劇場だった。看板には『Silent Love』と書かれている。中に入ると舞台には赤いカーテンが降りていて、たくさんの椅子が並んでいた。圧倒された。

「今日は貸し切りだよ。」

と言われ、すぐに照明が消えた。幕が開くと同時に、舞台に光が集中した。劇の内容は『許されない恋』だった。夫がいる女を好きになる男、好きな子に好きな人がいることが分かってしまった少年。みんな様々な恋に苦しんでいた。物語はそこで終わり。スッキリしない終わり方だった。

「どうでした?」

masudaが聞いてきた。

「どうって…。すっきりしない感じ」

「ですよね。Northゲートでは光を見てきたと思いますが、光が生まれるとき、影も必ず生まれるのです。その影をこの劇では表現しているのです。それは恋愛だけではありません。夢だって同じです。」

光と影は切れない関係。逃げられない。私はいつの間にか暗い気持ちになって、考え込んでいた。私がよっぽど暗い顔をしていたのだろう。masudaが声をかけてきた。

「大丈夫ですか?影はだれでも嫌なものです。それを少しでも薄くする方法知っていますか?ついてきて。」

と着いた先は公園だった。中心にある円形の小さな噴水の前に行くとmasudaは指を鳴らした。その瞬間、明るい音楽が流れてきた。

「闇を薄くするためにはね、もっと明るい光で照らせばいいんだよ。光はなんだったけ?」

「光は……希望。」

「正解!」

masudaは私の手を取り、あの舞踏会のときのように踊り始めた。

踊ることは好きだ。気持ちが晴れていく気がした。

「希望が強くならないときはどうしたらいいの?」

私はmasudaに尋ねた。

「もうわかっているだろ?……楽しむんだよ。」

「今このときを楽しむ…?」

「そう!覚えててくれたんだね。楽しまないと、うまくいくこともいかなくなる。頑張るんじゃない楽しむんだ!」

それからしばらくの間、音楽が消えるまで私たちは踊り続けた。masudaが手を叩くたびキラキラと星が舞う。足をならせばシャンっと愉快な音がなる。私たちの周りは本当に神秘的な光景だった。誰にも知られない秘密の空間だった。私は楽しまずにはいられなかった。踊ることがこんなに楽しいことだと久しぶりに気がついた。

「いやー楽しかったね。さ、列車に戻ろうか。最後のゲートに向かおう。」

 

列車に乗るとさっきの疲れからか、少し寝てしまった。気が付く列車は止まっており、tegoshiが外で待っていた。

「あ、起きた?あまりにも気持ちよさそうに寝てたから起こせなくて。」

と照れ臭そうに笑った。

「さあ、最後のゲートSouthゲートに着いたよ。」

外に出ると、レンガ調の建物が並ぶ街だった。

「ここの主なエレメントは炎。最後のゲート、Southゲート。さあ、行こう。」

Tegoshiについていって着いた場所はNEVERLANDにたどり着くきっかけとなったあの金属音が鳴る場所…工場だった。

「ここでは僕たちが鍵をつくっているんだ。君にも届いたでしょ?」

私が扉の前で拾ったあの鍵だ。工場の中では、自転車や時計やタイプライターで大きな機械を動かしたり、大砲で鍵を飛ばして届けるというみんな各自の仕事を、心を込めて行っているらしい。

「NEVERLAND楽しかった?」

「刺激的だった。久しぶりだよ、こんな気持ちになったのは。」

うまく表現できないけれど、なんだか心が躍るような…そうダンスに出会ったときと同じような感覚だった。

「じゃあ…俺のとっておきの場所に連れて行ってあげる。これはkoyamaには内緒ね。怒られちゃうから。」

と言って連れてこられたのは工場の奥にある炎の上がる部屋だった。

「ここの炎は特別なんだ。この炎は絶対に消えないんだ。俺、この炎を見るとやってやるぞって心が燃えるんだよ。」

炎は赤を通り越して黒く燃え上がっていた。激しく燃え上がる黒い炎。近寄りがたい。でもどこか懐かしいような気持ちがあった。

「こらーーーー!!!tegoshi!!!」

koyamaが大声を出しながら部屋に入ってきた。後ろにはあきれた顔でmasudaとkatoが立っていた。

「あーごめん、ごめん!」

tegoshiは困った顔で笑いながら謝った。

「ごめんね。ここは危ないから、いこう。」

kayamaに促されて外にでた。外はすっかり夜になっていた。そして4人と一緒に列車に乗り、列車は空を飛んだ。